三浦アルプス

久方ぶりに三浦アルプスへ。

高い山はないが、細かいアップダウンのあるトレイルをつないで走る。
天気もよく、楽しかった。



車の音が聞こえるロードに出て思ったこと。
やっぱり小鳥の声がさえずり、木々が内に迫るシングルトレイルが好きだということ。

トレイルの魅力は自然のエネルギーを素で感じられること。
ここには入ってきちゃダメだと聞こえることもあるし、
溢れんばかりにエネルギーが降ってくることもある。

純粋な気持ちを忘れずに山と接していたい。

面白いことが起こる予感

大阪のランニングショップ、RUN-WALK Styleで
今年はたくさんのトレイルイベントが開催される予定。
そこで、私も定期的に大阪に通うことに。

なんせ楽しむことに関してはトップレベルの RUN-WALK Styleのメンバー。
これから準備、下見を含め、数々のイベントが楽しみで仕方ない。


とりあえず今月は29日からイベントも含め、
数日間の関西周辺トレイル三昧。


夏にはかぶらぎさんも絡んで、
いろんな味をもったトレイルランイベントが行われる。


RUN-WALK Style から目が離せないね
http://run-walk-trailrun.at.webry.info/

We will Rock you

セブンヒルズアドベンチャーのお手伝いで奥武蔵へ。
雨が降る予想だったので覚悟をして行ったのだが、
チラついただけでなんとかもってくれた。
景色も思ったより見られたのでよかった。

セブンヒルズ代表のいけがやさんご夫妻はとってもいい感じ。
ご主人は頼り甲斐があって、奥さんは控えめにでもしっかり支えている。
2人とも心地よく力が抜けている。

接していて気持ちがいい。
何より、絶対的に信頼できる人柄である。


心の充実感は周りにいる人や、
そこにある景色に左右されることが多い。

いいものと出会っていたい。


♪ We will Rock you
 by "Queen"

調子悪いが続く

熱は下がり、体調もよくなったと思う
だけど、なぜか走れるようにならない。

足がしびれる感じ&腰がくだけそう・・・
力が入らなくてダルい

風邪がパワーをも奪ったか!?


明日の丹沢山はトレッキングになりそうだ

申込開始


『頑張らない大会?  あってもいいんじゃない・・・!』


なんておかしなことをテーマに考えたイベントがある。
11th TRAIL RUN&WALK in 乗鞍高原。
http://orao.at.webry.info/200902/article_6.html

主催は大阪のランニングショップ RUN-WALK Style の三浦さん。
彼はおかしなくらいハイテンションであり、夢想家であり、行動家でもある。
面白い企画を常に考え、作り上げる。
そして、盛り上げるのの天才!!!

彼のイベントに参加したら絶対絶対楽しめる!
さすが大阪のノリノリ!!って感じです。

これ、ほんと楽しいこと間違いないから、
今からとっても楽しみ〜



今日、申込始まったから早速お友達誘ってみよっ

・前夜祭   6月27日(土)18:30〜  乗鞍観光センター
・スタート  6月28日(日)早朝6時 一ノ瀬園地(ゴール地点も同会場)
・距離   最大約50km  (周回コースですので1周10kから、レベルに応じて楽しめます)
・制限時間   コース開放8,5時間  (ゴール地点のエイドは10時間まで解放しています)
・定員   300名 

風邪っぴき

実は12日頃から風邪っぴき。

沖縄に行ったのだけど、ダルさとの戦いだった。
すごく悔しいが、それでも本当に行ってよかったと思えるのだから沖縄の力はすごいね。



日曜日は朝の情報番組「とくダネ!」の撮影。
トレイルランニングを紹介するということで、
アナウンサーの方を山へ案内してきた。

天気もよく、富士山、江ノ島見えてよかった。
制作の方はものすごい仕事量に忙殺されていて、徹夜で編集するそうな。
明日放送ということ。すごいね〜




今日はauの「Green Road Project中間結果発表」というランニングイベントの
先導ランナーをしてきた。

「Green Road Project」とは、「1km=1円。あなたの一歩が緑になる」をコンセプトに、街に緑を増やすためのプロジェクト。

プレス向けのイベントだったため、取材陣が50人を超え、
ゲストにも花があった。
新庄剛さん、押切もえさん、有森裕子さん。
新庄さんは相変わらず異彩を放ち、不思議なオーラだった。
押切さん、有森さんは少し話したが、
とっても気さくで明るく感じがよかった。

思ったより寒かったな。



なんだか、、、なかなか風邪が治らない。
やっぱ、健康が一番大事だと実感。
早く元気になりたい

変な名前

だいぶぶりに秦野峠の方に行ってきた。

戸川公園〜西山林道〜クヌギ山〜鍋割山〜雨山峠〜秦野峠〜シダンゴ山〜寄
鍋割山からのトレイルはクサリもあり、かなりの細尾根。
秦野峠に降りるトレイルは不鮮明で地図が読めないと迷いルート。

天気はよいと思っていたのに、
晴れは少なく寒く感じたな。



時々、山の名前でとっても変なものに出会う。
例えば、シダンゴ山。
第六天山。
弁当沢ノ頭。
セーメイバン、そんな名前の山もあった。

誰がつけたんだ?
どこからつけたんだ??

言い出したら、切りがないくらい変なんいっぱい出てくる。


世の中、不思議なことだらけだ(笑)

ありがとう

たかみさん、としさん
いつも親のような無償の愛で見守ってくれてます。
後向きになったら、大きく叱ってくれます。

裏も思惑もない、見返りも期待しない。
すごい大きい愛で応援してくれます。


何もなくても、悩んでなくても
その気持ちが嬉しくて涙してしまう。


なんかこんなん、前にも書いたことある。
だけど、何回も書きたくなるくらい節々に
感謝があふれてくるんだから仕方ない。


大きな感謝を伝える方法、教えてください

ロード走ってみました

土曜日は妙なメンバーで丹沢。
全員一緒に走るのは始めて。
煤ヶ谷〜三峰山〜不動尻〜唐沢峠〜大山〜高取山〜鶴巻温泉
会話もランも楽しく、充実時間。


夜はご近所のめぐちゃんが
鍋に誘ってくれたので御呼ばれ。
デザートもいっぱい食べて、大満足。
「おいしかった。ありがと。」



今日はお台場で行われていた、
「2009年24時間チャリティラン・ウォーク」に急遽参加。
チームでエントリーしていた知り合いのチームメイトが出られなくなり、
助っ人をさせてもらったのだ。

イベント自体は土曜日の15時から行われていたが、
行くことになったのが、土曜日の深夜だったので、
今日の始発で行って、朝から参加させてもらった。

1.5kmロード周回コースではあったが、
レースではないので、みんな休みながら気楽に楽しく練習って感じ。
ロードを長く走ることはないのだけど、
溢れんばかりのエイドの食料とたくさんの人と走れるという魅力で
ロードのマイナス要素もそれほど感じなかった。

どれだけ走ってもいい、順位もない、
全く個人にまかされているイベントなので、
チームメイトと交代しながら、
自分の気持ちいいくらいのボリュームで走った。
まずキロ5分25.5km
チームメイトと交代して、少しあいてから、
キロ5分18km
少しあいてから、
キロ5分6km、最後キロ4分半4.5kmで終了。

タイム見て走るのは自分でやったことないし、
そんなつもりは全くなかったが、
周回だから否が応でもペースがわかってしまう。
なんだかな、、、
やっぱり私はロードレースには出ないな


緊張感は感じないラフなイベントだったからこそ楽しめた。
エイドに感謝、仲間に感謝。

富士山

家からは富士山が望める。

今日の富士山は下の方まで真っ白。
目線をずらしてみると丹沢も真っ白。


外に出ると山を見る癖がついていることに気づいた。

富士山が見えない日はちょっと凹んだりする。
あの山はなんか力もってんだろな

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(760)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル