つづき

前回のメールには続きがありました!

中止を宣言されて
深夜ランナーたちは溢れかえるエイドステーションから
てんでバラバラ各自の宿に帰っていきました。


シャワーを浴びて完全にオフモードで寝ていると、
朝6時半頃チームメイトの渡辺さんに起こされました。
「今日10時からレースやるらしいよ!
2時半にメールが入ってきた。」と。


雨の多い危険地域を避けてショートカット、
急遽88kmレースに変更して再開するというのです



知らずに過ぎてしまう人もいるだろうし、
昨日走っているのはどうなるの!?、
何せみんな166kmの調整をしてきている人たちだからレースになるのか!?、
かなりアンフェア、無謀な策ではあるのだけど・・・
私はもちろん出場を決めて急いで準備を開始。




88q走ってきました。
無事14時間20分くらい、女子10位でゴールしました。

88kmと言っても決して短い距離ではありません。
苦しみましたし、長かったです・・・
体もボロボロです。
でも楽しい時間でもあって、ゴールも嬉しくて、
満足しています!


また報告しますが、とりあえず

「応援ありがとうございました!」




ちなみに日本人選手の情報を。

かぶらぎさんとよこやまさんは
ショートカットレースには出場せず。
やまけんは11位
わたなべさんは35位
まつながくんは51位
ませさんは女子8位
でした。

途方に暮れる

レースは中止になりました・・・


盛大なスタートセレモニーが行われ、
多くの人たちの声援を受けて感動の中スタートをきりました。

いつもある胃痛はなく、
調子よく走れてワクワクもしてました。



だけどスタートしてから2時間半後、
いきなり「レースは中止になりました」
とエイドステーションで告げられました。

理由はイギリス側は大雨で
山の上はかなり危険になっているとのこと。



自然相手の競技、
悔しさをどこにぶつけることもできませんが、
全く予想していなかった事態で困惑するばかり。

世界中から集まった2300人の選手たちは途方に暮れ、
呆然としています


やり場のない気持ちがいっぱい、
悔しさで言葉もでません。

日本で応援してくださっているみなさま、すみません。
今はとりあえず中止報告のみで失礼します。
また詳しく書きます

雨です

シャモニは雨。
さっきまでひどい雷だったけど、
今は幾分ましになってきたかな。
大会本部からは「雨なので準備を」をいう情報がまわってきて、
装備の変更をしているところ。
去年は好天でも夜の山上では震えていたから
今年は寒さとの戦いになるだろう


約6時間後には長い旅がスタートする。
途中で何か起こることは間違いないけど、
元気でゴールにたどり着きたい。



シャモニにいるランナーたち、
いいレースをしましょう!





CIMG4017.JPG

ご来光

太陽と月はどこにいても一つ
富士のきれいなご来光を


8月18日 富士山頂からのご来光
CIMG3930.JPG
CIMG3931.JPG
CIMG3933.JPG



8月20日 富士山吉田ルート7合目花小屋からのご来光
CIMG3938.JPG
CIMG3940.JPG



受付完了

受付終了。
CIMG4015.JPG


腕にはレーサーである印のチップがつけられた。
これを外すときはゴールした時かレースを止めた時。

CIMG4014.JPG



77km地点にあるイタリア側大きなエイドステーション、
クールマイヨールに行ってきた。

レース中で見る景色とは違っていろんなものが目に入る。
ここに来るのは明後日の朝だろう


CIMG4008.JPG
CIMG3991.JPG
CIMG4007.JPG



昨日の夕日。
夜9時頃だったかな
山影が日を大きく左右する
CIMG3987.JPG




レーススタート&ゴール地点。
去年と変わりなし。
明日の夜には人で溢れかえる
CIMG3986.JPG
CIMG3985.JPG

モンブランは晴れ

シャモニは快晴
モンブランは眩しいほど光ってます

こんなに天気がいいのは久しぶりとのこと
晴れを持ち込んできたかな〜いい予感です


太陽の日差しはきついけど気温は低い
富士吉田より空気はからっとしていて肌寒い



さすがに緊張感が襲ってきてちょっと怖い・・・
いろんなメンタルの勉強をさせてもらってると思う
これもしっかり受け止めることにしよう


CIMG3967.JPG
バスクチームの宿のテラスでモンブランを眺める


CIMG3970.JPG
靴はバスク、インソールはBaneでいく

CIMG3975.JPG
マイストック

CIMG3976.JPG
ザックには富士山吉田口太子舘ガイドメンバーのステキなメッセージをなびかせます


CIMG3973.JPG
補給食はカーボショッツ

CIMG3974.JPG
牛味も持っていきます

CIMG3972.JPG
一日一本リポD


CIMG3978.JPG
モンブランがでっかいです

ドーハ

カタール、ドーハにてトランジット中


朝5時、一日の中で一番涼しい時間帯と言われているのに気温は34度
日中は40度を越えるらしい

しかもただ今イスラム諸国ではラマダン中


ラマダンとは
日が上がっている間は断食をするというもの
イスラムの信仰に基づいて行われるのだけど、
水も唾も飲めないというのだから
この暑さの中相当厳しいだろうと思われます



モスクもアラブ人もなんだか懐かしい気持ちがするけど、
やっぱりまだ頭は日本


レースに対する緊張感は
去年ほどないです


シャモニに到着したら
どんな気持ちになるか楽しみです




さて今日はここで何しよか

地球探検隊トレラン部のみんなへ

みんな最高だよ!
なんて暖ったかいんでしょう



モンブランへの出発、
平日なのに仕事の都合をつけて5人の部員が空港に見送りに来てくれていた
あっきー、ありがとう
momo、ありがとう
きじょー、ありがとう
ビキさん、ありがとう
ガクさん、ありがとう


そこで手渡されたもの・・・
40人もの部員たちの暖かいメッセージが書かれた国旗


書かれている言葉はみんな結果なんてどうでもよくて

”楽しんで!””笑顔で!”

の言葉たち



住んでいるところもバラバラ、
みんな顔だって知らないはずなのに
なんでこんなにたくさんの人の言葉が集まったのだろう・・・
愛が溢れていて涙が止まりません






私が山を走っているのは
自然や多くのランナー、私を取り囲んでいる人たちの力を感じて大きな幸せをもらえるから



部員のみんなには
”山を走るとステキなパワーを感じられる。その感覚って楽しい”
ってことがただ伝えたくてツアーをやってきただけ

なのに
部員のみんなはそれ以上の愛で包み込んでくれる

出発前は一本一本メッセージが書かれたリポビタンDが送られてきたし
(どうして私がリポDを愛飲していること知ってたの?)
ほんとにどんな恩返しができるのか思いつきません

ただただ”嬉しい”の一言です





みんなからの心からの応援を受けて
いろんなことに気づきました


トレランをやるのは
”楽しいから”
失いかけていた初心の気持ちに気づかせてくれました


早く走ることよりも
自分を高めることよりも
人に好かれることよりも
自分が人のために何かをしたいと思うことが
幸せなことなんだなぁって気づいた気がします




みんなに出会えてよかった
みんなのコーチで
みんなの仲間で本当に幸せです
これまでの人生で味わったことのないとってもぬくい感覚を得ています



結果はどうであれ
みんなのエネルギーだけは絶対に無駄にしないように
笑顔で always smile で最高に楽しんで走ってきたいと思います

約束どおり苦しくなったら月を眺めます
みんなからのエネルギーを体いっぱいで受け止めます

”みんな大好きです!”




最後に
全ての問いかけ、取りまとめをやってくれたあっきー、
あなたの愛情は果てしないです
ほんとにありがとう!
仲間っていいね


IMG_1300.JPG

幸せです

モンブランに向けて
メール、電話、いくつかの言葉たち・・・

ただ自分の夢に向かえるだけなのに
たくさんの応援をいただいて
ほんとに幸せものだと思います


心の底から暖かいものを感じます


涙がでてきます
モンブラン、精一杯の笑顔で楽しんできます



いつも感謝を忘れずに


鈴木博子

お盆

日本は今日からお盆。

田舎では線香の匂いが漂い、
夕方ゾロゾロとお墓に歩いていく人たちで溢れる


私はこんな風流な空気が好きだ
昔を思い出し、とても懐かしく思う


家族そろってちょうちん持って
お墓に行ってお参り。
ついでにお母さんの在所にも行って、
ご先祖様のお墓にも行ってお参り

セミが鳴いて、
近所のおばちゃんたちのサンダルの音が響き、
親戚が集まって手を合わせる


最近では甥っ子たちの騒ぐ声がお墓にこだまし、
懐かしい友人に会っては挨拶


ここんとこ行けなかったりすることが多いけど
あののんびりした田舎の雰囲気は今でも
心を暖かいもので包み込んでくれる


さっき実家に電話したら
予想通り甥っ子たちが騒ぎ、
母は嬉しそうにてんてこ舞いだった



蛙の合唱が聞こえる実家の畳部屋で
マッサージ機にでも座ったら気持ちいいうたた寝ができそうだ




お盆


そう、日本のとってもいい風習
歳を重ねることにこんな風流な儀式を愛していく自分がいる


今年は帰れない
この埋め合わせは9月にすることにしよう


今はここでご先祖様に向かって
黙祷を捧げる

現代版組踊「尚巴志」

尊敬する演出家:平田大一さんの舞台
現代版組踊「尚巴志」を見てきた


子供たちは純粋で一生懸命でカッコよかった
ストーリーというより彼らの”熱”に感動



それにしても毎回思うが
平田さんのまっすぐで真剣な姿勢、
才能溢れる思考には驚愕させられる

ほんとにスゴイ人だなぁ



いいものを見ればいいものが入ってくる
疲れている体に大きなエネルギーが入りました

ありがとうございましたー

雨と風のトレラン

台風の影響か
雨と風のトレランツアーになった


いつものメンバーは
雨や風ではビクともしない(笑)


逆にハイテンションになりながら
無事走り終えることができた


こんな天気では
一人で山に行けない
みんな一緒だから行けるんですね

”みなさま、ありがとうございましたー”



次こそは三ノ塔から素晴らしい景色が見れるといいです

オーバーナイトトレラン

昨夜は地球探検隊のオーバーナイトトレラン。
夜な夜な大の大人が静まり返る駅に集合し、
誰もいない山道を走る。

真っ暗なトレイルには
何か森の精が住むような自然そのものの風が流れていた

谷で汗が湧き出て
尾根で気持ちいい風に吹かれる


今夏初のスイカ割りもなかなかよくて
なんだかとっても新鮮、楽しい時間を過ごすことができた



それにしてもこのトレラン部のメンバーには
いつも助けてもらってる
たくさんの元気をもらっている


いつも時間を割いて参加してくれ、
何よりトレランを楽しんでくれる

楽しむ心全快の彼らだから
私もいっぱい案が沸いてくるし、
何をやっても盛り上がるんだと思う

ありがたい、
ほんとうにぬくい。。。


コーチなんだけどもう友人であり、
上下関係ない仲間でもあると心で強く感じる





今月末のモンブラン、
暖かいメッセージが届く
装備などが届く

トレラン部のメンバーは見送りに来てくれるという


人の支え、応援のもと
チャレンジができるのだと思う


頑張らなくちゃいけない、
みんなのパワーを力にしてみんなにいい報告がしたい、
精一杯のパフォーマンスで
最高の時間を作り出したいと思う

しっかり疲れをとって
穏やかに当日を迎えられるよう努力しよう





今日は今から三ノ塔トレランツアー。
楽しいツアーにしたい


我が家に帰って

久しぶりに家に帰ってきて思うことは
世間はしっかりまわっているんだなぁということ。
流れが速くてちょっと慌てている(笑)


情報が錯乱し
何を見て何を知ればいいのかがわからない


とにかく
暑い夏があることだけは確か



慌てず頭を整理させて
今日のツアーに挑もう

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(761)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル