富士登山競争

毎日が嵐のように過ぎさって行きます(笑)
夏は仕方ないです
お許しを。




今日は富士登山競走。
毎年山頂で応援。

今年はサロモンのインターナショナル選手のジョナサンが来たので
アテンド&サポート、
少しお手伝いをさせてもらいました。

さすがです!
ジョナサン、優勝しました!
そして五合目コースにでた同じくサロモンチームの
小出君も優勝。

ということで
今年の富士山では
サロモンが大活躍!
嬉しい限りです!


これからもサロモンチームをよろしくお願いいたしますm(__)m



P7270012 (640x480).jpg
P7270008 (640x480).jpg
P7270006 (640x480).jpg
P7270010 (480x640).jpg

BLUE多摩川アウトドアフィットネスクラブ


小田急線沿に8月5日にオープンする
アウトドアフィットネスクラブ

”BLUE多摩川アウトドアフィットネスクラブ”


は小田急電鉄の
「気軽に沿線の自然と触れ合いながら運動できる機会を提供し、豊かな暮らしをサポートしたい」
という想いと、
BEACH TOWNの
「地域の自然資源を活かし、スポーツを通じ健康と笑顔を」
という想いを融合させてクラブです。



新しい分野で、
人々の生活を豊かにしてくれるものだと思っています。




ここで私はトレイルランニングではなく、
トレッキング、トレイルウォーキングを担当させていただきます。
山への第一歩、
山をできるだけたくさんの人に知ってもらいたい、
普段の生活の中に山を少しでも取り入れてもらいたい、
自然の中で過ごすことを体験したもらいたいと思っています。


山を知らない方々へ
トライしてもらいたいと思っています。




ワクワクするクラブ、
是非お知り合いの方々へお勧めください


ステキな時間を共有しましょう





伊南川100kmウルトラ遠足

大好きな伊南で今年も100qが行われることになりました。


南会津伊南村。
福島県の尾瀬の近くにあります


田園風景と山と川。
いるだけで癒される、そんな場所です。


今年は第3回目になりましたが、
本当に嬉しい。
ぜひぜひ行ってみてほしいです
本当に素晴らしい村です!



伊南川100kmウルトラ遠足


を応援します!!

富士山ガイド

空の様子を伺い、
自然の波に耳を傾け、
気が抜けない忙しい日々を
富士山で過ごしております


標高が1000m違うだけで
天気はびっくりするくらい違います



何かが起こらないなんてことはない。
でもそれが貴重な経験になり、
自分の糧になっています
勉強させてもらってます

ガイドとして精進できる日々に感謝です

水戸 ナムチェ

先週末は
初の水戸に潜入してきました。


といっても
水戸市内にある老舗アウトドアショップ”ナムチェバザール
で行われたトークイベントのため。


お店は三階建てになっていて、
とってもオシャレ。
お客さんもかなり多くて
常に駐車場は満車。
そして何より、トレラン用品の品揃えが豊富。
一般のスポーツ店では片隅に置かれがちなんですが、
ここではドカーンと。
いいね、いいねv

その他にも面白いものいっぱいで
一度行ってみる価値ありですよ
一日つぶせます(笑

サングラスの選び方

SMITHより、
サングラスの選び方ということで
いろいろ教えてもらいました。

是非参考にしてみてください。
わからない方はツアーの時に聞いてください〜v



〜サングラス豆知識〜

@フィッティング
・サングラスをかけた際にレンズの下部が頬にあたっていないこと
理由:スポーツタイプの場合は特に風が流れないとレンズが曇るため

・しっかりと鼻に乗っていること
理由:乗っていないと上部から光が大量に入ってくるため目がちらつく

・フレーム(メガネでの正式名はリム)上部がなるべく視界に入ってこないこと
理由:常時視界にフレームが入っていると気になる(ストレス)ため

・ツル(メガネでの正式名はテンプル)の圧迫感が一点でないこと
理由:一点の場合長時間の使用で痛くて使用したくなくなるため
SMITHは点ではなく面で抑えているので、痛くなりにくく掛けているストレスも少ない。



Aレンズ選択
・衝撃耐久性に優れていること
理由:激しいスポーツの中でレンズが割れて目に傷害を負ってしまわないため

  CR39(光学用プラスチック)
    メガネのレンズなどに使用が多く、透明度が良い。カジュアル系サングラスに採用。落とす程度では割れませんが、大人(60Kg)が踏むと割れてしまいます。

  カーボニック(ポリカーボネイト)
衝撃耐久性に優れている。SMITHではモールド成形し、透明度を追及し精度が高い。
スポーツに向いています。




・正確な見え方
理由:歪みが発生していると、眼精疲労や体調不良等になるため

レンズの湾曲が強いものは、目の前に曲げた透明の下敷きがあるのと同じ状況です。
透明の下敷きを曲げると光が歪み、その歪んだ光を見ているのと同じなのです。
低価格のものはほとんどこの状態のレンズです。
正確に見えてないことがわかると思います。
極端ですが、これで頭痛になったり、吐き気をもたらしたりする方がいるくらいです。


そこで、SMITHでは加工を施しレンズの厚さを中心から外に向かって薄くしてあります。
そのため光が歪まずに正確に見えます。
この技術をSMITHではTLT(テーパーレンズテクノロジー)と呼んでいます。
メガネでは偏心加工といいます。


・使用用途によりカラーを選ぶ
理由:SMITH商品のレンズ全てはUV100%カットですが、明るさ(透過率)が違うため
*透過率・・・裸眼を100%とした場合、そのレンズが光を通す量を数値化した値
色が濃いレンズほど数値が少なくなる。
すでに使用されているとわかるかと思いますが、
好みもあるので一概には言えませんが一般的に下記の通りです。

グレイ系 (PLATINIUM,SKYBLUE,PLUM)
対象物の色をそのまま表現し、サングラス効果が高くスタンダードな色

ブラウン系
遠近感をつかみやすく、凹凸が見やすい色

ピンク系 (IGNITOR)
裸眼のような自然な感じで、凹凸も見やすく全天候型として言われている色

HYDE(機能レンズ)
特殊加工により、人間がまぶしいと感じる光線をカットでき、
他の人から目が見えていたほうが良いという人などにおすすめなレンズ

偏光(機能レンズ)
目の前に窓につけるブラインドがあり、下からくる光をカットするようになっているイメージ
太陽光が水面などにあたると反射して水面がギラつきますが、
そのギラつきを抑え水中をよく見ることのできるレンズ
激しいスポーツには不向きではとSMITHでは考えています。

雨の美ヶ原

稜線美しき美ヶ原でランラン♪

雨もなおよし。


夏だ

初富士山頂御来光

目まぐるしく時間が過ぎてます
いかん、いかん
もっと余裕をもって行動するようにします。。。



富士山は相変わらずでした。
山頂付近には雪が残っているものの
たくさんの方々の雪かきのおかげで
登山道は問題なし。
シーズンはじまったばかりにしては
たくさんの人が来ている感じです
どうやら今年も忙しい夏になりそうです

富士に感謝しながら
大好きな夏を満喫します


P7030006 (640x480).jpg

P7030007 (640x480).jpg

P7020004 (480x640).jpg

P7030010 (640x480).jpg

2012年の半分

週末は島田にてイベント。
静岡は好きだな
暖かくて、山があって、茶畑があって、
癒されるぅ〜

たくさんの方との語らい、
出会いが出会いを生む。

このイベントも3月の出会いがきっかけで
飛び込んできたもの。




あまりにもあっという間に過ぎてしまった2012年の半分。
日々焦らず、でも充実した時間を過ごしていきたい。

さぁ富士山のシーズンが始まった。
引き締めていこうと思う

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(760)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル