帰国

帰国いたしました。

アンドラ、
なんだかもう遠い昔のような感じがします。
身体が痛いのが余韻でしょうか。

今回もサポートしていただきました多くの方々、
友人、一緒にレースにでていた仲間、
走ることも止めることも認めてくれ見守ってくれてた茂くん、
伝えきれない感謝をいたします。
”ありがとうございました”

次に向かう前にまずは休養、
そしてリセットです。
大好きな夏なので楽しく、充実した日々を送っていきたいと思います。

996179_493756784027635_1161605384_n.jpg



さて、今回このレースで
友人であるヤマケンこと山本健一くんが準優勝という快挙を成し遂げました。
彼はいつもやってくれますね!

でその彼を追いかけたテレビ番組「情熱大陸」
が今週日曜日に放映になります。

6月30日(日) 23:00〜  TBS 「情熱大陸」

ぜひみんなで観ましょう!

アンドラレース

アンドラレース終わりました。
結果は無事完走いたしました。

ただ、今回はいろいろあり、
気づきのレースになりました。


5月のレース後から腸脛靭帯を痛めていて、
レース前からネガティブなことばかり考え、すごく怖かったです。
怖いとか不安だとかしばらくなかったのだけど、
今思うとちゃんとサインを出してくれていたのだと思います。


案の定、走り始めてすぐ腸脛靭帯が痛み出してしまい、
しかも体調もよくなく身体が動かない。
いつもだったら”しばらくすれば動き出すよ”といたってポジ、
痛みがあるだけだったら行けるとこまで頑張ろうと思うのだけど、
今回は違ってずっとリタイアのことばかり考えて走っていました。
”次のエイドでリタイアしよう。。。”とずっと考えて(笑)
いくら痛くても辛くてもリタイヤのこと考えることはないんですけど。。。

115qの山小屋エイドでは気持ちかもしれないと、
30分ベットに横にならせてもらい、考えた。
135qのエイドでは本気でリタイヤしようと
日本に電話をかけた。
「身体が大事だから止めてもいいよ」と。
1時間悩み、
「弱さ」なのかもしれないし「甘え」なのかもしれないと葛藤し、
前に進むことを選びました。

選択が正しかったのはわからないけど、
”弱さ”には気づけました。



終わった今、
身体が動かなかったのは心が疲れてしまっていたのだろうし、
膝が痛くなったのは何かのサインだったのだと思います。

心と身体は繋がっているので
メンタルがすべてフィジカルにつながっていくのでしょう



競争が嫌いな私が(笑)レースをするのは
タイムや順位ではなく、
心も体も楽しめるから。


でも4月5月6月のレースは多すぎた、
身体も心も整える時間がなかったのだと反省です。

こなすだけのレースだったら
らしくないなと思いました。


そういう意味で気づきのレース、
すごく意味のある時間でした。



さて、そんなことは私のリマインドなので置いておいて、
アンドラレースについて。


山山山(笑)
トルデジアンのデジャブじゃないかと勘違いする箇所も何カ所かありました。
とにかく山が大きくって、壮大なんです。
何度もピークを越えて山の裏側に行くコースで、
登りきった時に見える反対側の景色にいつも感動してました。
コースはテクニカル、
目で見た感じだと垂直じゃないのってくらい急な箇所がいっぱいあるし、
岩がゴロゴロで下れない箇所も多々ある。
永遠と続く登りに
いつ終わるのだろうかという下り、
山好きにはたまらないコースです(笑)
行けども行けども距離は進まないです(笑)
トレランレースではなくて、
山岳レースですね。

とにかく雪被った山々は素晴らしく、
空気が澄んでいて天に近い気がしました。

一日目は少し雨もぱらつきましたが、
二日目は好天、
満月でもあって、明るい月に癒されていました。


体調万全でまたトライしたいと思う、
そんな素晴らしいレースでした。


また御礼は日本にかえってからしますね

応援ありがとうございました。

仲間が集まってきた〜

少しずつ町がレースっぽくなってきました
ゲートもできました。
P6190425 (640x480).jpg


Julian到着。
P6200426 (640x480).jpg

そしてNerea。P6200427 (640x480).jpg



なんだか安心する〜なぁ
何回も会う仲間たちがいて嬉しいです
仲間に会うためにレースに行くっていうのもあながち間違ってないな
と思います

明日は晴れるといいな

アンドラ到着!

長い旅だった〜
無事着いてよかったです

アンドラ公国、
ちっちゃな国だけど、めちゃくちゃ山(笑)
山だらけです
っていうか山しかないです(笑

イタリアのクールマイヨールにも似た山間リゾート。
バルセロナからの道中でみたスペインの景色とはだいぶ違う雰囲気。


天気はイマイチ。。。
雪山が見えるくらいだから天気が悪いと相当寒いだろう
レース当日には晴れてほしい


Nereaと約一年ぶりに再会。
「どう?」って聞いたら
「このコース嫌いなんだよね。キツイんだよ」って(笑)
疲れ知らずの昨年度の覇者からこんな言葉を聞くと怯みます(笑)
さてはてどんな激しいコースなのだろうか。。。


今日はゆっくり寝よう


アンドラへGO!

バタバタ準備の中、
アンドラへ旅立ちます!


ピレネー山脈

Andorra Ultra Trail 
Ronda dels Cims170q

100マイル級では累積標高、コース難度共に最高峰のレース
参加できるだけでも嬉しいです


雪でコースが変更なってるらしい


さて今回はどんな景色が
どんなストーリーが待っているのでしょう


いってきまぁす♪

富士登山

富士山が世界文化遺産になるにあたって
富士山がすごい勢いになってきています。

大好きな富士山で今年もガイドをさせていただくのだけど、
緊張感が増します。



さて、今年は通常の小屋ツアーに加え、
私がガイドで一般募集する富士登山ツアーも行います。

いろんな趣向でツアーを開催しますので
ぜひこの機に遊びに来てください〜

※走りません(笑)



T、
登山とかしていないけど、
富士山だけには一生に一回は登ってみたい!
って方もできるツアー。(もちろん体力のある方も大歓迎)
一人参加が多く、友達を作るにはいいツアーです
8月31日(土)〜9月1日(日)
「富士登山に挑戦!」



U、
親子で登りたい!
子供にいい思い出を作ってあげたい方など
親子限定ツアー。
8月13日(火)〜8月14日(水)
「富士登山に挑戦!」



V、
運動もしているので、日帰りで登っちゃうぞ!
って少し体力のある方対象ツアー。
そこまで早く行かないので登山などしていれば行ける範囲のスピードです。(走りません)
8月18日(日)
かっ飛び富士山往復



富士さん、今年もよろしくお願いします^^

PA290008 (640x480).jpg
P7030008 (640x480).jpg

ほんとの空があった!

安達太良山に行ってきました。
最高の天気。
まさに”ほんとの空”でした!

P6040388 (480x640).jpg
薬師岳から空を望む。



P6040382 (640x480).jpg
P6040390 (480x640).jpg
安達太良山

山頂からの眺め
P6040399 (640x480).jpg
P6040401 (640x480).jpg
飯豊連峰を
P6040402 (640x480).jpg
P6040404 (480x640).jpg
磐梯山
P6040408 (640x480).jpg
山頂から磐梯山を望む

P6040411 (480x640).jpg




お花も結構咲いてました。

P6040392 (640x480).jpg
ショウジョウバカマ


P6040395 (480x640).jpg
イワカガミ


P6040410 (640x480).jpg
ツガザクラ

P6040412 (640x480).jpg
ミネズオウ

P6040413 (640x480).jpg
アカヤシオ


P6040416 (480x640).jpg
ツバメオモト

P6040418 (640x480).jpg
オオカメノキ



雲ひとつない快晴。素晴らしい天気ととっても美味しい空気に大感謝。
下の岳温泉もとってもよくって、
心も身体もリフレッシュ。

山と太陽はなんて相性がよいのでしょう。
最高の気分の一日でした!




おまけで那須。
白銀世界だった冬に行った場所、同じ場所とは思えませんでした。


P6030368 (640x480).jpg
茶臼岳

P6030374 (640x480).jpg
朝日岳


P6030379 (640x480).jpg
ゴヨウツツジ

ボッカ駅伝

今日は久々に三ノ塔。
いつも曇で景色がみられないのだけど、
梅雨の今日、キレイに見られました。
素晴らしい!

山も木がイキイキとしていて緑がキレイでした。
PPTにご参加のみなさま、ありがとうございました!




さて、今日は丹沢大倉尾根で行われるボッカ駅伝の日でもありました。
ボッカとは”歩荷”と書き、いわゆる山で人が荷運びをすることを言います。
それをレースにしてしまったのがこの大会。

トレイルランニングが流行るずっと前から行われているレースで、
20qの石を背負って襷をつなげていきます。
そして走ります(笑)
なんとも山屋的ですが、カッコよいのです。

大倉尾根は丹沢でも有名なガレた急な長い登りです。
”バカ尾根”と言われているくらいです。
それを重い荷物背負って走るのです。


自分が出たいとかは思いませんが(笑)
スゴイですね。



今度この大倉尾根(バカ尾根)でツアーがあるので
その余韻を感じながら走りたいと思います。

まだまだ募集中。
夏の丹沢を感じに来てください〜
お待ちしてます^^


6月16日(日) 大倉尾根トレイル  PPT

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(760)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル