タイムカプセル

中学を卒業する時、
学校の裏山に友人10人くらいでタイムカプセルを埋めた。

授業中にメモを回し、
タイムカプセル埋めよう作戦をしたのを覚えている。

確かカセットテープに声を吹き込み、
将来の自分宛に手紙を書き、
生徒が帰宅して静かになった土曜日の午後、
こっそり集まってうめた。
その後海に行き、港を歩いて潮の香りと共に別れを惜しんだのを思い出す。
あぁ青春だ〜(笑


”ハタチの成人式で空けよう!”
なんて約束をしてそれぞれの道を歩み始めたのだけど、
成人式では
”あまりにも早すぎるから大人になってからにしよう!”
ってことで空けなかった。
(そりゃそうだ、5年しか経っていなかったからね)


それから随分の時間が過ぎた。
ふと、あのタイムカプセルはどうなっているのだろうと思った。



現在、地元では毎月「元気会」という名の
中学の友人たちが集まる食事会が開かれている。
わたしがまだ地元にいた当初は学生気分の延長って感じだったけど、
今では皆主婦、子供の数のが多くなっている。

最近参加できていないけど、
相変わらず「元気会」やっている。
よく考えると、今でも毎月ってすごいことだよな



『いろんな事があったけど、
みんなみんな笑顔だけは忘れずにそれぞれの道を
今日まで生かされて来たね。
今度、合う時も合い言葉はひとつ、
心からの「元気かい?」』



数年前、地元を離れたわたしの元に突然届いた額。
地元出身の作家、ひろはまかずとし さんに書いてもらったものだと
親友が送ってきてくれた。


壁の中の言葉、ふと目に入り、癒された。
久しぶりに元気会に顔を出してみたくなった
2009/10/30(Fri) 22:38:26 | 日記

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(773)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル