DEEP JAPAN ULTRA 100

DEEP JAPAN ULTRA 100

久しぶりに充実したレースで、走り切れました。
楽しかっただけでなく、優勝という副産物もいただけて
大満足のレースでした。
161km 34時間29分

浅草岳は気持ちよく、
守門岳の登りは快適で、下りで”来たな〜”感が出始めて、
粟ヶ岳は”うん、やりすぎだ 笑”って感じ、
2回目の守門岳の登りで”事故おきなきゃいいんだけど”と思い、
意外に長く続くロードで辟易し、
でもなんだかとっても楽しい160qでした。

ヒル地獄で身の毛が逆立つ思いをしながらも
笑い飛ばせたのは1人じゃなかったから。
泥沼で何度転んでも起き上がれたのは愚痴言う仲間がいたから。
まさに壁を降りるトレイルでトラロープに宙ぶらりんになっても前に進み続けられたのは
エイドで暖かい人たちが笑顔で待っていてくれたから。

コースは険しい山々の道(❓)と
単調なロードが長く続く
緩急のしっかりしたコースだったけど
レースの雰囲気は温かく、ほのぼのとアットホームな大会でした。
キリキリした感じは全くなく、
リラックスして自分の走りに集中できました。


あの素晴らしいDEEPコースを体験させてくれた松永くん、
レースを支えてくれたスタッフ、ボランティアの皆様には感謝いたします。
DEEPなレースに参加された方みんなが同志です
特に一緒に走ってくれた藤本さん、渡辺さんには感謝です
彼らがいなくては間違いなくあんなに楽しく順調に進むことはできませんでした。
特に藤本さんは丸一日一緒に歩みを進めて、
大変な時は引っ張り合い、励まし合い、辛いコースを笑いに変えることができました。
彼はまだ若く、原石。今後が楽しみです

そして家族。快く送り出してくれた家族には感謝です。
彼らの協力なくしては成り立ちません。そして、心の支えです。
いつもありがとう!


次のレースは8月。
しっかり楽しめるように準備していきたいと思います!

DEEP JAPAN ULTRA100

次のレースはこれ。
出た人誰もに「すごいコースだわ〜!!!」
と言わしめるレース。
”どんなコースなんだ〜⁉”
未知の世界に踏み入れるのか⁉
試してみないとわからない!

ワクワクとドッキドッキと

とにかく楽しめるように
準備していきたいです!


DEEP JAPAN ULTRA100

https://www.deepjapanultra.com/

PASaPASA 甲斐国ロングトレイル

PASaPASA 甲斐国ロングトレイル
HIRAGA JUN GRAVITY

11月8日〜11月12日 5日間。
毎日50〜60qの合計270q強。
レースでなく日々15名くらいでのグループランニング。
平賀淳カメラマンが考察した甲府盆地の周りの山々をぐるっと回るコースで
彼を偲んで走るトレイルは
底抜けに明るい平賀君が引き寄せてくれたかと思うほど明るい旅になりました。

誇張でもなんでもなく、
私のトレイルランニング人生の中で5本の指に入るほど楽しい、
本当に純粋に楽しい日々でした!
最高のメンバーと最高の天気と最高の山々、
嘘のような企画、夢のような時間、
ステキ過ぎました!
笑い過ぎました、しゃべり過ぎました、食べ過ぎました
何をとってもさいこーという言葉しかでてきません

決して楽な行程や簡単なトレイルというわけじゃない
(むしろかなり険しいトレイルもあり、起伏にも富んでいる)
とにかくあれだけのトレイルでみんなで笑い合って進めたことは奇跡です


ヤマケン、あなたのところには楽しいことが集まってくる!
ありがとう!
一緒に走ってくれたメンバー、笑いすぎました!
ありがとう!
サポートしてくれたスタッフ、
めちゃくちゃ快適で完璧で、幸せ過ぎました!
ありがとうございました!

そして今回、主婦の持ち場である家を1週間も離れ
壮大な遊びに送り出してくれた家族に大大大感謝です

子供たちは
「ママ、頑張ってきてね」と笑顔で送り出してくれ、
母は「元気なうちは手伝うよ」と言って家事を一手に引き受けてくれ、
最大の理解者である夫は
仕事含めいろいろ都合つけて応援まできてくれて、
感謝の言葉しかでません。
ありがとう!!!!


今回のチャレンジを楽しみたいという思いで、
夏前から準備をしてきました
マイル以上の距離は10年ぶりくらいで
どれくらいできるかわからなかったけど、
走り切ることができたこと、
これは大きな収穫でした

まだまだやっぱり自分の好きなことを続けていきたい
いろんな人の協力や助けがないとできないけど、
自分の人生を生きていく重要さを強く感じました

母であることはもちろんそうなのだけど、
鈴木博子の人生を生きて、
それを子供に見せ続けていくことも大事なのだと
今回、子供たちは不便や寂しさを感じたかもしれないけど、
それ以上に何か感じとっていた気がしたんです

挑戦することはすべて意味がある!


これからも楽しいこと
走り続けていきます!

富士山ワンストローク

富士山一筆書き

富士山御殿場口新五合目〜山頂〜須走口5合目〜山頂〜富士吉田スバルライン五合目〜山頂〜富士宮五合目〜山頂〜富士山御殿場口新五合目

富士山の4つの登山道を1回ですべて回るというもの


距離61q


3年前やろうとして3往復でストップした経験があり、
4往復したいと思い、この夏チャレンジしました。


8月末、
19時間半
で完遂


ひとつやりたかったことをやり遂げました!

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(778)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル

Counter

1122563