”愛”

私が最も尊敬する人、南島詩人・演出家:平田大一さんの話を聞いてきた。
沖縄で行われている子供たちの舞台がこの8月東京にやってくる。
そのキャンペーンのために沖縄から来たのだ。

彼は妬けるくらい輝いていて、
悔しいくらい感性という才能に溢れている。
最大限に“すごい”人、ほんとにステキな人。
とにかく彼が話せば、人はどんどん引き込まれて
心地よい刺激と、大きなパワーをもらう。
表現するのは難しいのだけど、
こんなにも惹かれるのは彼が“愛”に溢れた人だからなのかもしれないと思う。
沖縄を愛し、子供たちを愛し、伝統を愛し、人間を愛し、人生を愛す。
たくさんの人に愛されていて、たくさんの人を愛している。




最近読んだ本に、
「アンデスの奇蹟」ナンド・パラード&ヴィンス・ラウス著
がある。
大学生ラグビーチームのチャーターした飛行機が南米アンデスの高山に墜落する。
奇跡的に32人が死を免れたが、その後極寒と飢餓で苦しまれる。
最終的に2人が10日間かけて過酷な雪アンデスを越え、脱出に成功する。
救助隊が生存者を救助したのは墜落から72日後のことだった。
この壮絶な事件を当事者のナンド・パラードが、彼の主観で綴ったノンフィクション本だ。

死を目の前にぶら下げられながら、
でも強い“生きる“思いで生き抜いたナンドが言った言葉がある。
「“死”の反対語は“愛”なのだ。」
「故郷への愛、父への愛、未来への愛・・・
愛があれば苦痛と恐怖の中から貴重な意味を引き出すことができるのだ」と。
彼は”愛”に救われた。




平田さんの公演の最後に、彼の友人の歌手:成底ゆう子さんが歌った。
♪「ふるさとからの声」
夢を追いかけ沖縄から上京してきたが、挫折を味わう。
そんな時、家族からのいっぱいの愛に救われる。
その気持ちを歌った実体験の曲だ。
全身が震えるくらいに涙が溢れてきた。
自分の親を想い、自分の心がオーバーラップし、
激しく琴線に触れたのだ。
彼女もまた“愛“に助けられた人だった。



“愛”が人生を豊かなものにする。
私も、愛に溢れた人生を送りたいと思う。


たくさんの人に“愛”を感じてもらいたいとも思う。
一度、平田さんの作り上げた舞台を見てみて欲しい。
とにかく観ればわかるはずなんだ。




★現代版組踊「肝高の阿麻和利」&「オヤケアカハチ」東京公演2009★

第一弾:「肝高の阿麻和利with東儀秀樹」
 日時:8月19日(水)18:30開場 19:00開演
料金:RS席6,500円 S席5,000円 A席4,000円 B席3,000円

第二弾:「肝高の阿麻和利」マチネ公演
日時:8月20日(木)12:30開場 13:00開演
料金:RS席4,500円 S席3,000円 A席2,000円 B席1,000円

第三弾:「肝高の阿麻和利」通常公演
日時:8月20日(木)18:30開場 19:00開演
料金:RS席5,000円 S席3,500円 A席2,500円 B席1,500円

公演名:現代版組踊「オヤケアカハチ〜太陽の乱」
日時:8月21日(金)18:30開場 19:00開演
料金:RS席5,000円 S席3,000円 A席2,500円 B席1,500円

場 所:東京厚生年金会館(東京都新宿区新宿)
申 込:お名前/ご連絡先/ご住所/公演日/枚数をご記入の上メール返信。
    info-tokyo2009☆xvb.biglobe.ne.jp(☆=@マーク)

「初めてのトレイルランニング やまなみを走ろう!」

今、福島県の南会津町(尾瀬の南側の山なみ)で
町全体をパビリオンとした住民主導の地域づくり博覧会
「南会津やまなみ泊覧会」が行われている。

その支援を受けて
「初めてのトレイルランニング やまなみを走ろう!」
というイベントが 7/3,4 と 10/17,18 に行われることになった。
詳細の発表は来週頃だろうと思う。

私はその案内人をすることになり、奥会津町に行ってきた。


四方八方どこを見ても山、山、山。
緑の山が映え、町の真ん中には清らかに川が流れる伊南村地区。

宿になる民宿からは
川のせせらぎとヒグラシの声が鳴り響く。
民宿のじいちゃんは山菜を取りに行く。
宿の食事には村の山菜がテーブルを飾る。

何もしなくても癒される。
いや、純粋に本当に感動できる場所。
めちゃくちゃ田舎。
すごい心地いい。
ほんとに素晴らしい町だ。

こんな場所に来れるだけで幸せに思えた。
ただ行くだけでも素敵な旅ができると思えた。




私にできることは何だろう。

山を歩きながら森と動物たちの息を感じられる。
城跡でゲームなんていいな、
緑の中で昼寝もいいなぁ、
いや何もしないで町や田んぼのあぜ道を歩くだけでもいいな、
川でスイカ割りでもしたいな、
温泉もあるってか、
じいちゃんばあちゃんと山菜のことや熊のこと話すだけでもいいな、
いやいやバーベキューで火起こしもいいな・・・・
なんて
いろ〜んな楽しい案が浮かんでくる。


町が町の人が関わるって素敵なことだと心底思った。

「初めての・・・」だから
とことん楽しい企画を提案していこうと思う。
っていうか、私がそこに行けることに大感謝。
南会津町伊南村!
ありがとう!

待っててね〜

CIMG2792.JPG
CIMG2805.JPG
CIMG2814.JPG
民宿の部屋から見る景色

CIMG2833.JPG
CIMG2840.JPG
CIMG2852.JPG
CIMG2889.JPG
CIMG2927.JPG
民宿のじいちゃん、ばあちゃん

CIMG2897.JPG
CIMG2918.JPG
CIMG2931.JPG
観光バスじゃありません。店がないので、移動スーパーマーケットです!

CIMG2814.JPG

夏がすぐそこに

セブンヒルズアドベンチャーのイベントで
数人のメンバーと丹沢コースへ。

もう季節は夏。
天気がいいおかげでなくても暑く感じたし、
木々は太陽の光をいっぱい浴びてでっかく成長していたし、
虫たちは活発に動いていた。

生き生きとした感じでいっぱいだった。


これから蛭も、蜘蛛も、きっと熊だってもっと元気に動き出してくる。
ちょっと怖いが、それはこっち(人間)の都合。
彼らは彼らの都合があるのだから
上手く共存していけたらいいと思う。



今日一緒にトレイルに入ったメンバーたちも
元気に活発に普段のストレスを発散していた(笑)
人だって太陽が恋しいんだ。
是非またあったかい自然の中で、
一緒に楽しい時間を過ごしたいもんだ。

今日はありがとうございました。


CIMG2773.JPG

シャワークライミング 

雑誌の取材で沢登へ。

場所は丹沢。
天気は微妙で、水が冷たく寒かった。


メンバーに
サッカー元日本代表の福西崇史さんがいて、
一緒に楽しんだ。(コースはちょっとハードだったですね…)


彼はある世界を極めた人であるのに、
どこも気取ったところがなく、とっても自然体のカッコいい青年でした。
これからサッカー解説をはじめ、
指導者にも・・・ということ。
活躍を期待し、応援していこうと思う。
とりあえず、31日にジャンクスポーツにでるそう。

是非、みなさんも観てみてくださいな

Bishop High Sierra 100km

優勝しました。
小さなレースでも純粋なトレランレースで優勝するのははじめて。

今回は高度、乾燥、直射日光の暑さ
と慣れていない要素がいくつもあり、身体がどうなるか不安だったけど、
無事に病気なく怪我なくゴールすることができました。



詳しくレポートはまた書きたいけど、少しだけ。


よかった点は

終始頑張らなかったこと、
レース前2日間2500mの高地に泊まっていたため高度順応ができていたこと、
スタートからかなり遅いペースで行ったこと、
ウルトラ走りに徹底したこと、
胃をやられてからペースを落とし様子をみたこと、
塩を取り続けていたこと、
腹痛後ジンジャエールを飲んだこと、
などかな。


もちろん反省点もたくさんある。
頑張らなかったのはいいことだけど、
もっと早く行けたんじゃないかと思うし、
胃痛にやられたのも何かの原因があるはずだし、
補給の取りかた、食べ方にも反省点が残る。



最近は、足動くのに内臓をやられて走れないというレースばかりで、
痛さ、気持ち悪さ、食べられなさに辛い思いをしている。
ウルトラランナーにとって腹痛はかなりよくある症状だけど、
暑さか、緊張か、食べものか・・・避けられる方法はあるはずだど思う。
どうにかして克服して、もっと楽しいトレランをしたいと思う。






最後に
素晴らしい自然に見守られて、とっても充実した時間を過ごせて感謝の気持ちでいっぱいです。
いい夢を見させてくれてありがとう。

素晴らしいトレイルがある限り走っていたい、
見たことない景色と暖かい人たちに出会うために挑戦し続けていきたいと思います。







Special thanks to:

VASQUE
MONTBELL
George、Marie、Andrew、Cathy、Mark、Petty、J.R、Wendy、Robert、
きよこさん、坂部家、井野家、高見沢家、むろださん、まつうらさん、ふみさん、あんどうさん、みうらさん
people at a aid station
all staff of Bishop
racer of Bishop race
あったかい友人たち、
素晴らしい自然たち、
そして応援してくれる全ての方。。。

「THANK YOU SO MUCH FOR YOUR POWER.」


CIMG2698.JPG
CIMG2709.JPG
CIMG2717.JPG
DSC00383.JPG
CIMG2725.JPG
CIMG2731.JPG
CIMG2737.JPG

BISHOP 100km

Bishop in Califolnia USA

レース前日。
なんだかなぁ緊張するな〜


乾燥してて肌がカサカサ、喉が渇く。
直射日光がきつくて、痛い。
標高高くて少し変。

だけど、景色ヤバイです!
うぅぅぅん


楽しむしかないねっ


CIMG2646.JPG
CIMG2636.JPG
CIMG2627.JPG

富士山遠征

富士山に登ってきた。
今回の目的は高度順応のための山頂ビバーク。


天気は快晴ということだったのに、
いざ山頂に到着してみると強風吹き荒れていた。

テン場を観測所の端の雪を彫って平らにして作ったが、
夜中小さい氷がテントに落ちてきて
いつでっかい氷が落ちてくるのかと恐怖を感じながら夜を過ごした。
実はかなりのビビリィィィなんだよな。。。



朝方、キレイな朝焼け。
気温もそれほど低くなかったが、
吹き飛ばされそうなくらいの強風で身体が支えきれないほどだった。
CIMG2585.JPG



下山はシリセードで。
5合目まであっという間に下りてしまった。
CIMG2599.JPG



いい高地順応になった。
レースまで1週間を切っている。
とりあえずあと数日は疲れを取ることに専念しようと思う。

お母さん いつもありがとう

今日は母の日。

誕生日、母の日、姉妹3人でプレゼントを渡すのが習慣になっている。
電話で相談して今年はジーパンを渡した。


嬉しそうに「ありがとね」と言ってくれた。
本当は私たちが”ありがとう”って言いたいのにね。


今日電話したら
「夜、快晴たち(甥っ子)が来るって」
って嬉しそうに話していた。
よかった。
今日の親孝行は甥っ子にお任せしよう。




感謝伝えるのは照れくさいし、
伝えても伝えても足りないけど、
”ありがとう”を伝え続けようと思う。




いつになっても母の愛には勝てない。
本当に本当に感謝をしている。


いつまでもいつまでも
元気でいて欲しい
健康でいて欲しい


”いつも ありがとう”

アドベンチャーレース エクストリーム奥多摩大会

8ヶ月ぶりにアドベンチャーレースに出てきた。

いろいろあったけど、
結果は 優勝。

昨日まで雨で寒かったが、
今日はうって変わって快晴。
新緑の森が気持ちよかった。
来週のためのいい刺激になったな。



アドベンチャーレースに久しぶりにでて、
今は身も心もトレランに向いているのかなと思った。

地図読みやトランジッションなどで
(仕方ないのだが)
足を止めることにストレスを感じてしまう。
単純に走り続けれないことに頭がついていかない、
って感じかな。
う〜ん、こういう時はちょっと距離を置こうかね。


まずはモンブラン、モンブラン!
先日ツールドモンブランレースのDVDを見て、
士気が上がり、楽しみで仕方ないしな。
がんばろっ

”トライ&キャリー” と ”Go For Trail

GWに行われたモンベルのイベント、トライ&キャリーは
熱気球イベントのお手伝いで行った。
スタッフは年齢、性別、職業バラバラ、旅人ばかりが集まった。
30日の深夜移動から始まって、準備、当日、
中身の濃~いぃぃ時間だった。

メカの故障、おにぎり事件、携帯水没事件・・・
日本海の海でゆんたく、キャンプ、夢がつまった気球に子供達を乗船・・・


気球は空に浮くでっかい風船。
熱い空気と風をよんで、高度で方向を絞る。
舵はない。
自然にまかせたシステムと、
プカプカ浮いている姿はまさしく夢の島。
見ている子供達の輝いた目にドキドキした。

日本海の荒波と、
楽しい仲間たち、
そして風よ、ありがとう。



GW後半のトレランイベント。
関西のイベントにも関西人にも慣れてきた。
趣旨の違った3日間のトレランイベントで
延べ100人以上の方々と接することができた。
ハードなスケジュールではあったが、
いくつもの素敵な景色と人たち、そして刺激に出会えて感謝でいっぱい。

かぶらぎさんはとっても人間くさいくて、
一緒にやっていて楽しかった。
気取ることなく、話しやすく、
意外だと思うのだが、バカも言うし、時々ぬけていたりもする(笑)


かといって、レースのDVDや写真の姿はいつも真剣で、
見て頑張んなきゃ、頑張りたいなと大きな刺激も受けた。


刺激と言えばもうひとつ。
イベント2日目の宝塚から六甲縦走路を通り、小川谷から有馬温泉へのトリップ後のこと。
16時頃イベントが終了した後、事も無げに山に戻っていった参加者がいた。
タダくん。
彼は十数キロの道のりを走って帰っていったのだ。

最近なかったなこんな思い、と思った。
確かに昔、走りたくて目標のために走らなきゃいけないと思ってもいて、
毎日走ることを考えて、そんなことを普通に思っていた自分がいたな。

もうちょっと頑張る楽しさを思い出してみたいと思った。
下がりかけていたモチベーションを少しづつ取り戻していきたい




ヒマラヤほどの消しゴムひとつ 楽しい事をたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に おもしろい事をたくさんしたい
♪1001のバイオリン by THE BLUE HEARTS


GetAttachment.jpg

怒涛の日々

GWが終わった。

能登半島のモンベルイベント、トライ&キャリーで前半を過ごし、
関西RUN-WALK Styleのトレランイベントで後半を終えた。


一言で言えば、”あっという間”の出来事だった。
しかし、ひとつひとつを思い起こせば、
書ききれないくらいのストーリーを感じられる充実した時間だった。

「楽しかったぁ〜」



かなり眠たいので、今日はちょっとお休みさせていただいて、
徐々に日記にしていこう。



忙しい日々も嫌いでない、
疲れるのも悪くない、
少しの休養でこんなにも嬉しく思えるのはそれがあったからなんだ。

ゆっくり眠ることにしよう

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(760)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル