「奇跡のリンゴ」

「奇跡のリンゴ」 石川拓治著
を読んだ。

無農薬の”奇跡のリンゴ”を作り出した木村秋則さんの物語。

まだ誰も無農薬栽培などやっていない30年前に無農薬リンゴの栽培を始めた。
失敗、貧乏の極み、気がおかしくなるくらいの苦しみに強いられるのだけど、
意地ともいえる”無農薬リンゴを育てたい”という夢をどうしても諦められない。
行き詰まり死のほうが楽だと選択するが、
いろんなヒントに助けられ苦悩の果て乗り越え、何十年もかけて奇跡を起こす。


もちろんその夢への階段、辛さを乗り越えたすごさなど
すごいと思うことはてんこ盛りで込み上げてくるものがたくさんあったのだけど、
その中でも強く心に響いたことがある。



病害虫に侵されリンゴの木が枯れて今にも倒れそう、
もう尽くす手が見つからない限界だと思ったとき、
木村さんは一本一本木に語りかける。
「無理をさせてごめんなさい。
花を咲かせなくても、実をならせなくてもいいから、どうか枯れないでちょうだい」と。
試行錯誤の上何十年もたって実がつくようになったのだが、
あの時、声をかけられなかった木は一本残らず枯れてしまったのだ。


ガイヤシンフォニーをご存知でしょうか
地球と対話する人たちのドキュメンタリーを映像にしたオムニバス映画。
その中に、トマトと心を通わせ愛情をかけ1粒のタネから1万3千個も実らせた野澤重雄さんの物語がある。
"おいしく育ってくださいね”と心から愛情をかけて育てたトマトは
常識を遥かに越えた数の実をつけた。



愛情は見えない、けどそれは必ず必要で必ず伝わるもの。
"見えない力”は存在している。

全てのものに命があるし、
その力が世界を豊かにしているのだと思う。



木村さんのリンゴを食べた著者の言葉がある。
「甘さとか、酸っぱさとか、香りとかの話ではない。
・・・それ以上の何かがそのリンゴには充ち満ちていた。
無理矢理言葉にするなら、生命とでも表現するしかないもの。」

苦労の果てにつかんだ無農薬リンゴ、
そういう魅力だけではなく、木村さんが心を込めて、
愛し続けて愛がいっぱいつまったその命の味を味わってみたいと思った。




私も少なからず自然と関わらせてもらっている。
走っている中でやっぱり波はある。
それは自分の身体的な都合だけでないのは痛いほど感じている。


自然には確かに息があり、
その呼吸が自分の心で感じることができない状態であると
自然エネルギーは決してふってはこない。
ちゃんと愛情をもって気持ちで接していれば、
どこから溢れてくるのかわからない底知れぬエネルギーをくれる。
涙が出てくるくらいの楽しさの中走ることができる。

自然がそういうエネルギーを持っていること忘れてはいけない。
なぜロードでなくトレイルランニングをやっているか、
それは走るのが好きだからではなく、
そんな自然の命のエネルギーを感じることができるから
忘れちゃいけない
忘れちゃいけない
そう強く思った

使用しないのだけど念のために・・・ファーストエイド

体調はよくなってきた。
よかったよかった



今日は達沢山〜ナットウ箱山〜京戸山。
数人グループで完全トレッキング(下りも)。

すごく久しぶりにトレランじゃなく山に入って、
ゆっくり歩くほうがキツイな〜
もっと遠くへ行きたいな〜
って思ったけど、たまには歩くのもいいです

不思議と見える景色が違うんですよね



さて話は変わり、
FA(ファーストエイド)セットに非常用(忘れた時用!?)小さいライトを追加してみた。
たくさんの失敗を繰り返し、いろんなものが追加される・・・結構重い(笑)


CIMG3424.JPG
CIMG3425.JPG

モンベル ファーストエイドバッグ0.5L
サバイバルブランケット
ホイッスル
小型ライト&電池

ポイズンリムーバー
冷却シート
テーピング
キネシオテープ
ガーゼ
雑菌シート
ティッシュ
バンドエイド(複数種)
消毒液
薬(胃薬、痛み止め、正露丸)
虫除けテープ
安全ピン


非常用にライターを入れようかと思っているが、また重くなる・・・(笑

箱根外輪山

天気よし、
気温よし、
紅葉よし、
富士山よし、
温泉よし、
そばよし!

よしづくしの箱根。
一緒に走ってくださったみなさま、ありがとうございました^^



平日なのに相変わらず金時山は大人気。
景色に癒されたのはわたしだけじゃないはず

元気もらいました〜

愛用

私がトレランをする時履くもの。
ここ数年はレースでは100%、
それ以外でも山に入る時は「ちょっと試してみようか」を除いてほとんどこれを履いている。

VASQUE ブラーSL

長い距離履いていても足に変化はおきないし、
何より履いているという違和感がない。
私の足にピタッとはまっているのがわかる。

トレランをする時、
やっぱり何よりも靴が一番大事だと思う。
服やザックはどんなんでも靴だけは合っているものを
選ばないと辛い思いをするし、
足を壊すことにもなる。

でも、自分に合った靴に出会うのは難しいこと。
同じメーカーでも種類によって全く違うし、
人がいいというものでも自分の足に合うかはわからない。
要は自分が”これだ!”と思えるまで
履いてみないとわからないのだ。
それも試履きではなく、長時間動くことへの負担を知らなくてはいけない。


ブラーに出会えてよかった
これ、ほんとにいい靴なんですよ!!

CIMG3422.JPG

健康第一!

体調を崩していた。


弱っているときは
内にこもり小さくまとまろうとするから
困ったもんだ

心も身体も健康が一番!


久しぶりに探検隊の中村隊長と話をして、
外にでることの大切さを学んだ


よし!
明日もいい空気をいっぱい吸ってこよう




明日、主に旅人だがそれだけに拘らず、
行動家たちが集まるフォーラムがある

「躍る大地平線!!−−地平線会議30周年記念大集会」

世界にはいろんな生き方をしている人がいる
自分のまわりだけが常識じゃないことを教えてくれる場所
それがこの地平線会議

好きなことをやって生きていくヒントを学べるだろう

是非足を運んでいただきたい





そうそう、あとお得情報

今日、明日、明後日(20、21、22日)
五反田東京卸売センター 五反田TOC 13階 で
”2009 A&F Family Sale 30% - 80%OFF”

が行われている。
バッグ・アウトドアウエア・シューズ・ライト・各種アウトドア小物等 が
30% - 80%OFF で手に入るらしい。
いや〜すごい!
って言ってもすごい並ぶらしいけど。。。

「水晶の夜」

実は密かに勉強をしていた。

久しぶりに勉強して、
久しぶりにペンダコなんかもできたりして、
なんかとっても楽しかった。
勉強している人たちの中にいるのも
気持ちいいものだった。

試験が終わり、
今ちょっと寂しさを感じている


また勉強してみようと思っている




お気に入りの劇団、ミルクホールの舞台「水晶の夜」を観劇してきた。
ヤギー蟇油さんの引退舞台。
やめちゃうんだと思ったらさみしくて、なんかやるせなくなった。
人生いろいろあるよ、
いろいろあるけど、
勝手なこと言わせてもらうと
いつまでも舞台での姿見たかったです。。。


ミルホの舞台は歴史も人生も感じられる。
いつもながら大きな元気もらいます
また次も楽しみにしてます、
がんばれ、ミルホ!

フィールアース アウトドアミート in 本栖湖

トレイルランニングツアーのために行ったのだけど、
自分自身、イベントを楽しんできた

一言でいったら、
”なんだかよかった”って感じ(笑)


”フィールアース”= 地球を感じる


富士山が見える湖の近くで土の上にテントを張り、
焚き火と少しのライトで夜が過ぎていく感じ、、、
アウトドア好きが集まり、ただしゃべるまったりした感じ


火を見ていると言葉がなくてもなんだか心が落ち着いていくんだよなぁ
何故かずっと見ていたいと思うし、
いつもあったかくて癒されていくのを感じる



自然っていいなぁ

”初心忘るべからず”

今朝起きたら、窓が結露していた。
今期初である。
昨日は寒かったのだろう。


今日のトレイル。
大倉〜塔ノ岳〜丹沢山〜蛭ヶ岳〜檜洞丸〜大石山〜ユーシン〜鍋割山〜大倉


昨夜の寒気で上の方は雪が降ったらしく、雪が積もっていた。
昼間は暖かかったので、トレイル上はドロドロ。
まさしく冬のトレイル状態。
また冬を感じられる日となった。

それにしても陽が短くなった。
今日のトレイルの同角山稜あたりは久しぶりだったので曖昧な時間感覚だった、
走りたいがゆえコースが伸びていってしまう、
と思った時間よりも遅くなってしまった。
しかも今日に限ってライト携帯するのを忘れており、、、
最後の方は暗い中探りながら帰ってきた。

トレーニングパートナーが小さなライトを持っていたこと(途中で電池が切れた。。。)、
表側のトレイルに関しては行き慣れたトレイルで暗くても行く道がわかったこと、
真っ暗になるギリギリでトレイルを終えることができた、
何より仲間が一緒だったことがよかった。

ライトを忘れただけで随分戸惑ってしまった。
悪い見本ですみませんm(__)m
山でライトはどんな時でも持参すべきです!


改めて山としっかり向かい合わなければと反省した。
ツアーの時はいろいろリスクを考えて対策し、荷物を準備し行動しているのに
自分のことは油断していたのかもしれない。


”初心忘るべからず”





天気はよく、空気も澄んでいて、サイコーの景色。
楽しいトレランだった。
いつもありがとうですm(__)m

週末の丹沢にて

足柄グリーンファームの温室は
毎年春と秋にビニール張替えをする。


手伝いに行っているのか遊びに行っているのかわからないが(笑)、
今期も張替えにお邪魔した。

少し働いて、少し走って、
温泉入って、いっぱい食べ、呆れるほどしゃべった。

気の知れた仲間たちが集まる場所。
いつも楽しい時間をありがとう





今日はセブンの丹沢ツアー。
天気がよく暖かかったのに、かなり強い風が吹いていた。
尾根上は横っ風が激しくて、落ち葉やら小枝などが容赦なく降ってきた。
冬がすぐそばまで来ているな


トレイルは楽しい。
今日の盛り上がりはそれだけでなく、
みんな昨日のモンブランのTVを観てテンションが上がっていて、
自然との一体感も楽しんでいたようだった。

モンブランの話にも火が付いた。
確かに昨日の映像はパワーもらえるほどキレイだった。
わたしにとっては思い出が詰まっているだけに
話しているだけで幸せな気分になった。


楽しい時間をありがとうございましたvv

Profile

image
hiroko
トレイルランナー

New Entries

Comment

Categories

Archives(761)

Link

Search

Free

ピーチパッショントレイル